RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
Bedroom 1

bedroom1

sebataさ〜ん、期待させてごめんなさ〜い。取材と思ったのは私の早とちりで、きのう来た人はライターさんで取材ではなく「下見」くらいの段階でした¥¥¥なので取材されることになるかはまだ不明。ま、ライターさん自身にはこの家のもともとの造作自体が印象的だったようで(Fascinatingと表現していたなあ)、とても気に入って帰っていってくれたので、リノベーション関連の物件をいろいろ見てきているであろう彼女にいい家だと言ってもらえたということで、記事にならなかったとしても良しとしよう!ということにおさまりました。もしあったら、もちろんご報告よ。

さてさて、ってことで2室あるベッドルームのお話。この部屋はマスターベッドルームと(私一人が勝手に)呼んでいる。

昭和荘の内装はもともと、この部屋とバスルーム以外はどこも、壁も天井もウッドパネル張りでどこか山荘を思わせる造りなのだが、この部屋の壁だけはドライウォール(石膏ボード)になっていた。前のオーナーが住んでいるとき、どうやらこの部屋で小火があったらしく、古いカーペットをはがすと、その下の板張りの床にはまだ生々しいこげ痕が残っていた。もしかしたら、その小火で壁が傷んでしまったのかも知れない。

何日もかけて家中の床をすべてサンディング(やすりがけ)し、これまた何日もかけて掃除機をかけ拭き掃除をしてから、夫が探してきたオーガニックだという仕上げ用のオイルを何度か塗ってコーティングした。それでもこのベッドルームのこげ痕は完全にはカバーできなかった。これもこの家のキャラクターだ、とそのままにしている。






bedroom1

壁が白いペイントのドライウォール、窓枠も白。ということでこの部屋もまた配色で悩むことに。本当は壁をニュートラルな暗色にしたかったのだけど、これまた予算の都合で、別の貸家に使ったライトグレーを使うことになる。窓枠やドアはバスルームからの使いまわしでモカ。このクローゼットの色が曲者で、色見本を見てもう少し鮮やかめのグリーンを買っていたのだが、塗り終えてみるとこれが見事にほかの色と不釣合いで没!悩んだ末に結局このミントグリーンを家のガレージから持ってきて活用することになった。これはNina(ムスメ)の部屋の壁を塗ったペンキ。残ってて助かった〜。


bedroom1

そして、これがたくさん縫ったカーテンの中で私が最初に縫ったもの。大きい方の窓は広いバックヤードに面していて眺めがいいんだけど、真東なので夏場の朝日がきつい。なのでカーテン用の裏地をつけたため意外とずっしり重い。


bedroom1

ベッドはクイーンサイズ。このベッドはご近所の友人からのいただき物。壁の絵とベッドスプレッドは夫の実家からのいただき物。キルトとシャム(デコレーション用の枕)はガレージセールで購入。と、まあ、どの部屋をとってもこの家は中古の家具や新古品のリネン、雑貨の類がいっぱい。中には新品ももちろんあり。アンティーク、といえるところまで古いものはない、と思うけど、どうだろう。

この次は何を書こうかな。あちこちで集めてきた家具や雑貨のことも書き残しておきたいなあ。
author:hibilabo, category:Bedroom 寝室, 08:30
comments(4), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:30
-, -, pookmark
Comment
そっかー取材じゃなかったのね。でも、ライターさんの気に入ったなら有力候補かもね。
アメリカもまた行きたいな〜。
今、アメリカとパリと上海に泊めてくれそうな家が出来て、全部行きたい!んだけど、なんせ資金が・・・
手芸作家はもう頭打ちだよぉ(悲鳴!)
マイルはやっと2.5万・・・うーん貯まらないわ。
sebata, 2008/09/30 12:28 PM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2011/05/04 3:27 PM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2011/06/15 2:00 PM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2011/08/26 7:01 PM









Trackback
url: http://gottaflip.jugem.jp/trackback/5